• ホーム
  • 不眠が続くとAGAになる可能性も

不眠が続くとAGAになる可能性も

眠りが浅くなっている、寝付きが悪い、夜中に何度も起きてしまうなど、不眠の症状が見られる場合には、AGAの早期発症、進行を早めている可能性があります。
質の低い睡眠ばかりだと、抜け毛増える理由としては、成長ホルモンが十分に分泌されないためです。
AGAは男性ホルモンやその受容体の影響により、抜け毛などの症状が見られるものです。
遺伝的要因が発症には大きく影響していると言われていますが、不眠やストレスなどもAGAの症状悪化に影響している可能性があります。

不眠になると、熟睡することが難しくなるため、成長ホルモンの分泌が減ります。
その結果、自律神経が乱れ、血液の循環が悪くなります。
育毛・発毛に必要な栄養は血液が運ばれますので、血流が悪くなると、十分に栄養が行き届かなくなることが考えられます。
そして、その影響により、髪の毛が細くなってしまったり、抜け落ちてしまうのです。

さらに、ホルモンバランスが崩れることによっても、代謝が悪くなってしまうため、薄毛だけではなく、体調不良に陥る可能性もあります。
不眠の理由にはいくつかありますが、その一つとして、ストレスがあります。
過度のストレスが加わると、AGAが原因の脱毛だけではなく、円形脱毛症の症状が見られるようになる可能性があります。
円形脱毛症は10円ハゲと呼ばれることもありますが、脱毛の範囲は狭いこともありますし、徐々に拡大していく場合もあります。
ストレスが発症に大きな影響を及ぼしているとされており、感じているストレスから解放されることで特別な治療を行なわなくても自然に治ることもあります。

不眠による円形脱毛症を防ぐためには、専門医を受診するということが必要になります。
診療科は神経内科や精神科、かかりつけ医がいる場合にはかかりつけ医に相談をしても良いでしょう。
医薬品を服用することで、睡眠の質を高めるとともに原因となっているストレスの解消を心掛ける事になります。

AGA治療ならプロペシアがおすすめ

AGAは進行性の脱毛症であり、一度発症すると、自然に治るということは残念ながらありません。
しかし、適切な治療を受けることにより、症状を抑えることは出来ます。
治療法としては、内服薬を用いるのが一般的です。
使用される内服薬として最も多いのがプロペシアです。

プロペシアの主成分はフィナステリドというもので、ホルモンに作用する性質があります。
もともとは前立腺肥大症の治療薬として使用されていましたが、AGA治療薬としても使用される様になりました。
フィナステリドは男性ホルモンのテストステロンと分子構造が似ているために、5αリダクターゼという還元酵素が男性ホルモンと間違えて結合し、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑えることが出来ます。

プロペシアがおすすめの理由としては、信頼と実績があるということです。
AGA治療薬には他にも種類がありますが、主成分が異なっていたり、耐性が発生しやすく長期服用をした場合には徐々に効果が薄れていく可能性が指摘されています。

日本でAGA治療薬を手に入れる方法としては、病院を受診し、医師の処方箋を得る必要があります。
クリニックによって扱っている医薬品には違いがありますし、一人ひとりの状況によって適している治療方法にも違いがあります。
その為、AGA治療を受けるという場合には、AGA治療を専門的に行っているクリニックを選ぶことをおすすめします。
治療については、保険が適用されないため、全額自己負担となります。治療方法や費用はクリニックによって異なるため、あらかじめ確認をするようにしましょう。
必要があれば、複数のクリニックのカウンセリングを受けてみても良いかもしれません。